密葬とは少人数で葬式を行うこと

古く密葬とは家族だけで葬式を行い、あとで本格的な葬儀をあげる事でした。例を上げれば、亡き人が亡くなった時が正月の場合弔問客が集いにくいため、身内でお葬式を行い、あとで、本格的な葬式をする事を言っていましたが、近年は少し使い方が違ってしまっています。
通夜の後に進める通夜ぶるまいは地方によって色々な形があるため気をつけましょう。親族だけで行う場合や客全員が参加する所など様々で、昔ながらの慣例が存在します。身内が死亡した時は独自で宴を行わないで、地域の人たちにこれまでの慣例を尋ね行うべきでしょう。
葬儀には問題があってもしかりだと言えませんか?なぜならみんなそれほどいくつも葬式の準備などはしたことがなかったのです。従って、多少の無礼は当然に出てきます。その失敗を踏まえずにやれ無礼だとか何につけても文句を放つ人は間違いではないかと思いませんか?
葬式に参加する人、あるいは葬式に参列出来ない人などが、死者の親族に渡す現金をご香典と言います。亡くなった人との近さに応じて手渡す額が変わります。香典は袋に入れた状態で渡します。一例をあげれば勤務する会社の直属の上司が亡くなったときには、ご香典の相場金額は最低でも5,000円から1万円くらいになります。

通常の葬儀は段取りやおもてなしがあるため、亡くなった家族とのお別れは実際にほとんどできません。忙しく立ち回っているうちにお別れの瞬間は過ぎていきます。苦しさを忙しさで紛らわせる利点もありますが、家族葬はその手の手配の手間が存在しないため、じっくりと死と向き合えるのです。
お葬式の場面では正座が多いので、足の痺れによる失敗した例もよくあります。ネットで葬式の失敗を読んでいて最高に面白かったのは立ち上がったら、足がまったく動かずお経をあげている坊主に抱きついてしまった人もいるとか。いずれにせよ正座の風習はつらい人には厳しいものですよね。

いろいろな読みがある供花という漢字です。「きょうか」、「くげ」とも「くうげ」とも読みます。どの読みにせよ仏前や亡くなった人に向け手向ける生花を意味します。供花は葬儀を取り仕切る葬儀屋に頼むといいです。一般参列者の場合は、葬儀の会場に電話して、日程と喪家名を伝えると、大抵は対応してもらえます。
亡き人が亡くなってから7日後に行う法要のことを初七日と称します。この日は亡き人が三途の川の近くにいて、激しい川の流れに巻き込まれるか、あるいはゆるやかな川を進めるかの重要な日です。穏やかな川に進めるように坊主にお経を唱えてもらい家族達が集まって亡き人の冥福を祈ります。