メモリアルビデオ

日本の人たちの葬儀スタイルは、9割以上が仏教形式で開かれているそうです。生前に仏教の信奉者でない人がかなり多いですが、最終的には仏教スタイルで葬式を行なう人がかなり多いのです。僧侶がお経を読み、焼香があって、出棺もあります。その後は火葬場へ棺が運び込まれ、棺桶のまま灰にされます。基本的な仏教形式の葬儀の流れは以上です。
外国映画で諸外国の葬式の場面を今までに見た経験があると思いますが、葬式の段取りは仏教形式とほとんど違いはありません。教会の中で儀式をして、墓地へ棺を運び、穴の中に棺を宙吊りにして下ろします。その最中には牧師が祈りの言葉を唱えています。棺を埋葬した場所に苗木を植樹し、木の成長を見続ける方も居ます。
人生のうちでそれほど何度も経験しない葬式なので知り合いもあまり知識がありませんので葬式ではまれにもめごとになります。そのうちでも多く起こるのが葬儀屋さんとのトラブルです。例を出せば伝えられていなかったサービスまで加えられたなど。葬儀会社に頼む時はぜひ見積りをとりましょう。
旦那の代わりに葬儀に出席をする奥さんが居たとしましょう。香典は旦那の名前で用意しておきます。葬儀に付いたら、受付のスタッフに事情を説明して、主人の名前を記帳して、その名前の下に「内」という文字を添えてきてください。絶対に代理出席した人本人の名前を書かないでください。故人の遺族が混乱してしまいます。

男性と女性で少しルールが異なっていますが、お通夜でも葬儀・告別式でも男女共に喪服を選んでください。ただし急に参列したような場合には、普通のスーツなどでも何ら問題ありません。平服の場合は装身具を全て外し、シャツのボタンなどを全部留めるなりして、地味な印象を作ってみるといいです。
葬式の際は、当たり前ですが、驚くほどきらびやかな格好はご法度です。婦人は普通黒系のワンピースでシルエットのこったものなどもやめましょう。あるいは装飾品もきらきらした物ではなく、黒系を基本にしたアクセが無難です。ピアスの時はなるべくぶらぶらと揺れないような地味な作りがお薦めです。

日本列島にはお寺に並んで数々の神社が存在するように、葬儀スタイルにも仏教形式と神式が存在します。大晦日の夜は除夜の鐘を寺院に突きに行き、正月は神社へ参りに行きますが、仏教スタイルと並んで神式の葬儀も根強く人気です。万が一神式の葬式に出るときには、一通り流れを頭に入れて行きましょう。
友引とはその名のとおり友を引くとして共が冥土に連れ去られると考えられた迷信から葬式などをしない場合が多く、この迷信から葬儀場も休むこともあります。また友を引くので慶事のお祝いなどを友引にあわせて発送する場合もあります。