はじめに

葬式にはさまざまな準備があります。挨拶の準備もそうですし霊柩車、移動バスの手配など本当にやらなければいけない事務処理が多くあります。経験の全く無い人には回しきれないほどの事務作業があります。そういった仕事を全て葬儀屋に代行をしてもらうとすごく楽です。もちろんそれだけのお金はかかりますが。
誰かが他界すると、家族に補助金が支給されます。健康保険の種類によって出されるお金額が変わってきますが、なんであれ申請を行なうと、5万程度のお金が手に入れられます。国民健康保険の人は市区町村に、健康保険加入者は各都道府県にある支部事務所まで申請に出かけてみましょう。喪主に補助金が出ます。
岩波書店の辞書『広辞苑』をチェックすると、葬儀社とは葬式に関連する器物をレンタルまたは販売し、または葬儀一切を引き受ける仕事の人たちと説明があります。家族が亡くなった忙しいときに頼れる企業を差します。今ではネットにいろいろと葬儀社の評判が出ています。探してみるといいです。
葬儀プランナーの役割は亡くなった人の親族と事前に話し合いが可能な所でしょう。愛した人を亡くしてまだまだ心境の整理もつかない中、葬儀の手配をするのは相当大変です。そう言った遺族たちに代わって、亡くなった人の好きだった事や好きだったものなどを聞き取り、希望通りのお葬式を演出してくれる強い助っ人です。

坊主に渡すお布施の大体の目安は出ていません。以前、有名スーパーチェーンが大体の目安を出したところ、僧侶の団体から、目安を発表するのは心外と、進言があり抹消したそうです。お坊さんの団体の抗議内容はお布施は寄付と同様で価格を出すのはよくないとの理由でした。
葬式の際に決める葬儀屋の選び方はさまざまですが、インターネットで調べると面白い考えがありました。まず、電話をかけて受付の人の声を聞いてみることがいいと言うのです。葬儀とはお金のこともありますが、葬儀社との気持ちの部分が大切な為、対応がよい所が良いところとの事でした。

多種多様な価格帯がある葬式です。結婚式と同じで、どの程度の範囲の人たちに知らせるのかで費用がかなり変わってきます。身内だけの葬儀なら60万そこそこで済ませられますし、一般の参列者も入れた40名くらいの葬式なら80万円くらいになってしまいます。火葬だけなら10万くらいで行なえます。
インターネットの登場により、葬儀の業界も変化しました。葬儀屋の比較検討ができるようになりましたし、葬儀そのものの詳細情報がいろいろと出回るようになったのです。家族葬や直葬など仏式以外の葬儀スタイルも今はいろいろと情報源が存在するので、誰もが仏教の形式にこだわらなくなっています。