生前整理と葬儀

己が没する先に身辺をきれいにしておく生前整理と言われる話が広まってから、祭儀場を生前に選択する人びとも多くなっています。この様な人たちのうちには、祭儀は自分が誕生した古里に程近い場所だとか、自身の人生の最終までちゃんとしたいと思っている人たちもいるそうです。
『古事記』などには日本列島の葬儀が記録されています。もがりと言われるセレモニーでひつぎに入れて、そのままそうとうな長い間安置して仲間全員で死別を惜しみます。死んだ人の肉体が腐敗したら死のサインです。本当の死を皆で確認して遺体を埋葬する流れになります。
葬儀の際に、亡くなった人へむけて別れの言葉を伝える事が弔辞です。中身は亡くなった人の過去の仕事振りや人間性などです。亡くなった人の遺族から頼まれる場合が多く、普通、亡くなった人ときわめて親交のあった人がしゃべります。もし、亡き人の遺族から依頼があれば、口下手だとしても気持ちよく引き受けましょう。
ご自分の葬式に無宗教スタイルを強く希望する方が最近は増加しています。お坊さんなどを招かずに自由な形で葬儀一切をとり行う家族が増えているのです。ただしまだ完全に無宗教の葬儀スタイルが出来上がっているとは言えません。ご家族や葬儀屋を含めて皆で細かく流れを決めていく必要性があると言えます。

どのような人でも亡くなってしまえば、葬式をやります。言うまでもなく戦時中の戦死した兵隊のようなケースでは話が違いますが、普通は死んだ本人の体と共に、各宗教の方法に従って、各種のセレモニーを行ないます。参列した人たちは皆で死んだ人を現世からあちら側の世界に送ります。その儀式を葬儀と言うのです。
意外に皆、知らないのが数珠の持ち方です。葬式の場合、数珠は左手または左手首にからめます。加えて、合掌の際は両手を合わせて親指と人差し指のあいだにからめて合掌するのが正しい決まりごとです。なんと言っても作法は作法ですからちゃんと身に着けておきたい大事なエチケットです。

このごろは葬儀の経費を抑えたい方や、ご高齢のため参列者が集まらない方の場合には、大々的に葬儀をとり行わず火葬のみを望む人も増加しています。直葬と言います。しかし直葬は火葬場のスペースの問題があり、身内しか参列できません。残された人の悲しみもちょっとは考えてみてください。その上で選ぶなら直葬を選択しましょう。
基本的にペットも葬儀会社に依頼すれば人間と同じく、火葬となります。自分でペットを運ぶことが可能であれば死んだペットを葬儀屋に運ぶことも可能ですが、車に乗れない場合などは、葬儀屋が迎えに来てくれます。その時は必ずペットの重さなどを連絡しておきましょう。